ブログ記事|日高市武蔵台エリアで歯医者、歯科医院をお探しの方は、武蔵台歯科医院まで

2017年2月7日

お笑い芸人さんのハリセンボン 箕輪はるかさんのギャグ?みたいになっていた。。。

『前歯、死んでるやんっつ!!』

芸人さんのイジリΣ(゚д゚lll)みたくなってました!!

ある意味、芸人さんとして笑いの産める『前歯は命』だったのかもしれません。
しかし、彼女も前から気になっていた前歯を抜歯して白い歯に変えていました。
印象ってかなり変わるんだなって、改めて痛感しました!!

特に社会人として、お客様の前に立つ方であれば「虫歯を治療しなさい。」と上司から言われることもあるでしょう。

日高市 武蔵台歯科医院でも、歯に自信がないことで、にっこり笑顔もできないしコンプレックスで人と話をするのも苦手になっていくこともしばしば、来院されます!!

歯の自信って良くも悪くも自分への自信に影響を与えるようです。。。

今日はこの治療前の写真から٩( ‘ω’ )و

user comment....

 

まだまだ虫歯が隠れてました。。。((((;゚Д゚)))))))

user comment....

虫歯を染め出すテストしながら、除去すると٩( ‘ω’ )و

user comment....

こんなに広がっていたなんて。。。って思われたそうです。

治療後(若干、色味に差異があるので症状が出なければ後ほど修正予定です。)

user comment....

応急処置の虫歯治療でしたが、患者さんはやっと、本当の笑顔が作れるようになり。

会話する時も、歯を隠すようなしぐさもしなくなったようです。
気持ちまで変わってしまうんだっ!!ってことを改めて感じました。

ハリセンボンの箕輪はるかさんもイジられて、笑いはとってたかもしれませんが、気になってたかもしれませんね。

『芸能人は歯が命』と東幹久さんが昔、CMで流行ったフレーズがありますが、

一般人だって、ヤッパリ歯は『命』

私も、これからもひとつひとつ歯を大事にしていく治療を学んで行きたいと改めて思った前歯の症例でした!!

2017年2月6日

みなさんこんにちは。歯科衛生士の岩田です。

いきなりですが、治療が終わったあとのお会計で「えっこんなにかかるの?!」となったことはありませんか?

武蔵台歯科では保険診療の流れに沿って治療をさせていただいてることがほとんどですが、歯科に関しては他の病院より高額になることが多いです。私たちもたまに受付から聞こえる金額に驚くことがあります。

そんなとき、事前に金額やどんな補綴物が入るかをしっかり説明できなかったこと、患者さんに迷惑をかけてしまったことを後悔します…

本日の勉強会の内容は、スタッフ一人ひとり担当を決めて金額が高くなってしまいそうな治療内容をしっかり把握し、事前に患者さんに金額を伝えられるようお互いに発表しました。

IMG_1476

改めて保険治療なのに?!と金額の高さに驚いた内容もありました。わたしたちも驚く内容だったのに患者さんからしたらいきなり言われても…となってしまいますよね。

今後はしっかりとどんな被せ物、詰め物が入るのか、次回はどれくらいの金額がかかるのかをお伝えできるようにしていきます。今後とも武蔵台歯科をよろしくお願いします。

2017年2月6日

IMG_1696

これは、最新の口腔内カメラです!!

『syncvision i01』

先にレンズがあり、360°方向を変えることができるので

ほとんど、死角なし!! ((((;゚Д゚)))))))

武蔵台歯科医院では、このような最新の機器を駆使して

患者さんへの治療前・治療中・治療後・次回予定の説明を

画像を使用し、実際に見ていただきながら説明をしています!!

これならより、お互いに理解を深めながら治療が進められますね ٩( ‘ω’ )و

2017年2月4日

白い詰め物とは、虫歯の部分を削った後にコンポジットレジンという歯科用プラスチックを詰める方法です。

レジンは歯科治療で最も頻繁に使用されている材料で、患者さんに説明するときは『樹脂の材料』とか『白い部分的な詰め物』などと表現されることが、あります。

レジン充填は大きな虫歯の場合、耐久性の問題から、使用できない場合があります。

もちろん日高市 武蔵台歯科医院では、保険適応の治療法です。

歯科医師の知識・テクニックの差が非常に出やすいため、歯科医院によっては保険外でレジン充填を行なっている場合もあります。

メリット

● 白く詰められる

● 虫歯だけを限局的に取り去り、小さく詰められる

デメリット

● 耐久性の問題や着色などが挙げられますが、現在では材料の質の向上により、改善しているものも存在します。

では、日高市 武蔵台歯科医院での治療を紹介したいと思います。

治療前

user comment....

治療後

user comment....

 

 

治療前

user comment....

治療後

user comment....

 

 

治療前

user comment....

治療後

user comment....

 

 

治療前

user comment....

治療後

user comment....

このように患者さんにも術前・術中・術後の写真をお見せし説明しています。

歯科の材料は、多岐にわたりその用途や適応する症例が異なりますので、ご相談しながら治療を進めています!!

 

2017年2月3日

こんばんは。歯科衛生士の木村です。今回が初投稿です。

 

今日は節分。暦の上では、明日からは春ですが、冬将軍はまだ居座りそうですし、風邪の流行も続きそうな気配ですね。

歯科衛生士の話だと『うがい=虫歯予防』って思いますよね。しかし今回は『風邪予防のうがい』について語っちゃいます。

 

某うがい薬会社社長の話から・・・

正しいガラガラうがいの方法(50~60mlの水かうがい薬を使用)

   ①ブクブクうがいをする。

   ②上を向いて喉の奥まで水が届くように、15秒ガラガラうがいをする。

   ③もう一度、❷の要領で15秒ブクブクうがいをする。

 

この方法のポイントは、最初にブクブクうがいをするところ!!

口の中の汚れをを喉に運ばないようにする工夫・・・

つまり、体の入り口付近から清潔にし、体の奥に運び込まれる食べかすや細菌を減らそうという訳です。

とても理に叶っていると思いませんか?

 

ちなみに私はこの方法でうがいを始めてから、28年間、熱を出したことがありません。

ぜひ、お試しあれ。

 

 

 

 

2017年2月2日

こんばんは、歯科衛生士の今井です。

成人病の中でも糖尿病に罹患されている方は多くいらっしゃいます。

糖尿病では、網膜症、腎症、神経障害、末梢神経障害、大血管障害といった合併症を引き起こしやすいことが知られています。歯周病は彼らに続く「第6の合併症」と言われているほど糖尿病と密接に関わっています。

まず糖尿病になると、体を感染から守る免疫細胞の働きが落ち、歯周病などの感染症にかかりやすくなります。

さらに糖尿病の人は、血糖値を上がり高血糖になっています。高血糖の影響で炎症が強まるために、歯周病の症状も悪化しやすくなるのです。

また、歯周病の炎症によって作り出される物質(サイトカイン)のいくつかには、インスリンの効きを阻む「インスリン抵抗性」があるために、歯周病患者は血糖コントロールがしにくくなり、糖尿病を悪化させてしまいます。糖尿病は歯周病わや悪化させ、歯周病も糖尿病を悪化させる…というように、双方向で悪影響を及ぼしているということです。

しかしこれを逆手にとって、歯周病をしっかり治療すれば、血糖コントロールを改善できますし、薬や食事、運動などで血糖値が安定すれば歯周病のかいぜんも良くなります。

岡山大学大学院で行われた研究の中に、歯周病と2型糖尿病を併発している患者に、歯周病の治療を実施し、治療の前と後でHbA1c(血糖値の指標)を比較しました。その結果、治療後にはHbA1cが明らかに改善していました。また血糖値を下げるインスリン(ホルモンの一種)を作りにくくするTNF-α(腫瘍壊死因子)の血中濃度も減少していました。

糖尿病を治療中の人は、ずくに歯周病の治療もおすすめいたします。

2017年1月31日

こんにちは!歯科衛生士の西村です
明日から2月ですね!2月といえばもうすぐバレンタイン♡

みなさんは歯医者さんが作ったチョコレートを知ってますか?

IMG_0007
虫歯ができる原因は様々ですが大きな原因の一つに「砂糖」があります。
砂糖がお口の中に残っていると歯の表面や隙間に住むミュータンス菌が糖質を分解して歯垢(プラーク)を作り出します。
食べた後にお口の中がネバネバした感じになったことはありませんか?それはミュータンス菌が生み出したプラークの仕業です。
ミュータンス菌が出す酸によって歯が溶かされていくのです。

歯医者さんが作ったチョコレートは虫歯の原因である砂糖を使わずキシリトール100%で甘味を出しています。
キシリトール入りのガムで虫歯を予防するのは皆さんご存知ですね。
キシリトールは虫歯菌の成長を抑え歯の再石灰化を促進します。キシリトールが効果を十分に発揮するのは他に糖分が含まれていない場合です。砂糖が少しでも入ってるとキシリトールチョコとしての効果は期待できません。キシリトールチョコを選ぶ時はキシリトールが100%使われてるか確かめると良いでしょう。

あくまでこれを食べていれば虫歯にならないわけではないので歯磨きをしっかり行い定期的な歯科検診でチェックしてもらいましょう。

 

 

2017年1月30日

みなさんこんにちは!歯科衛生士の岩田です。最近暖かくなってきたと思ったら明日からまた寒くなるようですね。体調を崩しやすい季節です。私たちも体調管理を気をつけたいと思います(^ω^)

 

さて、みなさん歯医者で治療を受けてる時に治療してる歯は痛くないけど水を吸う器具が当たって歯茎が痛い!とか、ほっぺたを引っ張ったり舌を抑えてるミラーが痛い!なんてことはありませんか?

IMG_1392

患者さんに快適に治療を受けていただくために我々も日々勉強しています。

今日はバキュームやミラーがどこに当たると痛いのか、粘膜を吸ってしまうのか、スタッフ同士で相互実習をしました。

IMG_1390

ほんとに軽い当たりでも部位によってはとても痛いところがありました。お互いに実習することによって患者さんと同じ気持ちを体験でき、とても勉強になりました。

治療中、意識してバキュームやミラーを操作していこうと思います。ただ、患部に集中してしまうとどうしても器具が当たってしまうこともあると思います。そのときは遠慮なさらずにお声がけくだい。

2017年1月30日

CAMBRAとはCaries Management by Risk Assesmentの略で、リスク評価に基づくう蝕の予防・管理方法です。

アメリカは、健康保険制度がありません。

要するに医療費全てが、国民負担の原則です。

ですので、予防が果たす=非常に重要!!

ですので、アメリカは特にケアグッズが豊富です。

しかしながら、日本において、虫歯なりたい患者なんているはずもなく、歯周病含めて歯に対する意識は少しずつですが…変わってきているように思います。

CAMBRAにおいて、う蝕はそれを誘発する疾患指標とリスク因子および防御因子のバランス(歯を攻める側と守る側)によって発生すると考えられています。

疾患指標とは、虫歯の有無や最近の治療歴を判断軸として、これらに該当する患者は「う蝕リスクが高い」と評価します。う蝕になっているのに「リスクが高い」というのも不思議な感覚ですが、継続してう蝕になるリスクと考えればよいかもしれません。
また、リスク因子や防御因子は以下のようなものが挙げられます。

■リスク因子 (攻める側)
* ミュータンス菌等の存在
* プラークの存在
* 薬物の使用
* 高い間食頻度
* 深い小窩裂溝
* 口腔内の乾燥
* 根面の露出、等

■防御因子 (守る側)
* 水道水にフッ化物が添加されている地域に居住
* フッ素含有歯磨剤を使用
* フッ素含有洗口剤を使用
* フッ素塗布を受けている
* キシリトールガムを使用
* 十分な唾液量、等

武蔵台歯科医院では、CAMBRAは未導入ですがこのような国際的な指標やエビデンスを我々の物差しとして、患者様により良い医療を提供して参りたいと思います。
そもそも日本ではフッ素や抗菌剤の濃度に制限があるため、完全に取り入れることは難しいかもしれませんが、今後確実に増えていく予防歯科のニーズを押さえるためにも最新のCAMBRAとは何かを知るきっかけになればと思います。

2017年1月28日

おはようございます、歯科衛生士の今井です

 

かつてのガムは、糖分が多いために”むし歯のもと”とされてきました。

ところが今は一転して「歯を丈夫にする」「むし歯予防」などを語った機能性商品が登場し”歯のミカタ”に変わって来ています。

その効果も、歯の石灰化の促進、虫歯菌になる酸から歯を守るなど様々。

さらに「噛む」ことによって、細菌の増殖を抑える唾液を増やし、噛む力が衰えないようにする効果もあります。

でも、ガムを噛むだけでは、むし歯や歯周病は防ぐことができません。とくに歯周病の場合は、歯ぐきの、根元のプラーク(歯垢)を落とさなければなりません。

第一に歯ブラシ、機能性ガムは補助的なものとして捉えてお口の健康を守っていきたいですね。

 

 

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 18